くろめヘアカラー

地肌と髪に優しい白髪染めヘアカラートリートメント

白髪用のヘアーカラートリートメントは、くろめヘアカラートリートメントです。白髪染めが苦手な人、髪の毛のきしみや傷みが気になる人、臭いが苦手な人は、トリートメント形式のヘアカラーがおすすめです。

 

 

白髪染めは定期的に使わないといけないものの、そのたびに強い薬剤を使用するため、髪の毛は傷んでしまいます。

 

 

また、自宅の毛染めは染料がお風呂場を汚したりして大変です。一人だとうまく染まらないような気がするのもつらいところですよね。

 

 

後ろや生え際をしっかり染めようと頑張ると、時間も結構かかります。

 

 

かぶれやアレルギーで肌にダメージが及ぶような人にとっては、白髪染めは悪夢かもしれません。

 

 

白髪が気になる反面、髪の傷みや手順の面倒くささとの間で、白髪染めがますます面倒になると、ちょっとつらいですよね。

 

 

染めの仕上がりにはこだわっているくろめヘアカラートリートメントは、20代の頃のような、ツヤとハリのある黒髪を取り戻す、トリートメントタイプの白髪染めです。

 

 

傷んだ髪を修復するトリートメント効果と、白髪を目立たなく、黒目に染めてくれる染料がミックスされています。

 

くろめヘアカラートリートメント美髪成分・新補修成分配合

くろめの主成分は、大分県佐賀関産のくろめという海藻です。貴重なくろめは、フコイダン、アルギン酸は保水力が強いのが特徴です。

 

 

抗菌、抗酸化、注目成分のフロロタンニン配合で、紫外線から髪を守るなど、髪に良い成分であることが知られています。

 

 

ローマカミツレ、ローズマリー、クチナシ、オランダカラシ、アルニカ花、ゴボウ根、セイヨウアカマツ、ニンニク、セイヨウキズタなどの植物成分も配合されています。

 

 

使い方はカンタンです。

 

 

まずシャンプーで髪の毛の汚れをしっかり落としておきます。そのあとはタオルドライで乾かしておきます。

 

 

次に手のひらか付属の専用コームで、トリートメント剤をたっぷり塗布します。付属のキャップをして、10分程度保温します。この間はお風呂でゆっくり温まっていることもできます。

 

 

10分後に色が出なくなるまでしっかりすすいで出来上がりです。

 

 

最初の1週間は毎日染めて、徐々に白髪を染めていきます。白髪が目立たなくなったら、間隔を開けていきます。

 

 

使うほどに髪にツヤが出てきて、白髪も目立たなくなる自然な仕上がりが好評です。

 

 

敏感肌の人に、おすすめしたい白髪染め剤です。

 

艶が出る艶髪白髪染め

年齢を重ねていくたびに、お肌のこと、カラダのこと、いろいろと気になる部分が多くなってきますよね?!

 

 

「白髪」もそんな年齢を重ねることで気になることの一つですよね?!

 

 

白髪があると、どうしても見た目年齢がぐ〜んとあがってしまいますから、白髪染めで黒々とした髪の毛にされてらっしゃる方も多いと思います・・・。

 

 

でも白髪染めってあのツンとする刺激臭や、頭皮がヒリヒリと傷んだり赤く腫れてしまったり・・・。

 

 

どう考えてもカラダによくなさそうな雰囲気がぷんぷんしているのが今までの白髪染めのイメージですよね?!

 

 

そんな白髪染めをカラダにに優しく、髪の毛に優しく。

 

 

いやな刺激臭もなく、髪の毛もいためずに若々しく黒々と染め上げ、そして髪の毛を元気に美しく育んでくれる白髪染めトリートメントがあるんです^^

 

 

それは・・・無添加・美髪成分配合の【くろめヘアカラートリートメント】♪

 

希少な昆布くろめなど美髪成分たっぷり配合!

大分県佐賀関産の希少な昆布「くろめ」を厳選配合し、自然の力でやさしく白髪を染め上げてくれる【くろめヘアカラートリートメント】。

 

 

「くろめ」にはフコイダン・アルギン酸といった保湿能力の高い成分のほかに、いま注目の成分である抗菌・抗酸化作用のある「フロロタンニン」も含まれており紫外線から髪の毛を守ってくれる効果もあるんです^^

 

 

さらに、いままでの白髪染めのようにキューティクルをボロボロにするどころか、【くろめヘアカラートリートメント】にはキューティクルの新補修成分として旭化成ケミカルズのジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウムを配合することで、わずか1分でも傷んだ髪の毛が見事に修復されツヤのある黒髪へと導いてくれるんです!

 

 

いやなニオイや、皮膚への刺激もなく、洋服や洗面所などのシミも気にする必要なく、使えば使うほど髪の毛がキレイに元気になっていく【くろめヘアカラートリートメント】♪

 

 

今の白髪染めに不満があるなら、試してみないてはありませんよ!!

 

白髪を染めつつヘアケア

どうしてもある程度の年齢になってくると白髪が目立つようになって来ます。

 

 

本数が少なければ根本付近で1本ずつハサミを使ってカットする事で、頭皮を傷めずに白髪の処理が出来ますが、ある程度の本数になってくるとカットだけでは追いつきません。

 

 

そこで白髪染めを使う人も大勢いますが、商品によっては髪が傷んだり、頭皮に刺激が有ったりする事も有ります。

 

 

そこでより低刺激で、さらにヘアケアも同時に出来るという事で注目されているのがくろめヘアカラーです。

 

 

これはトリートメントのタイプの白髪染めで、使い続ける事によって髪の色を自然に変えて行く事が出来る物となっています。

 

 

色は3色、黒・ダークブラウン・ライトブラウンで、無添加・無香料なのでお肌にも優しく、髪を艶やかにする事も期待できる商品です。

 

 

ちなみに、くろめヘアカラーのくろめとは、大分県佐賀関産の昆布の事で、その成分と9つの美髪成分によって髪をいたわりつつ染める事が出来るようになっています。

 

 

頭皮と言うのは、自分が思っている以上に敏感な方も少なくありません。

 

 

その為、ヘアカラーを行うと、刺激を感じるだけでなく、時には湿疹ができたり頭皮の皮がむけてフケが多くなってしまう事も有ります。

 

 

しかしこのくろめヘアカラーは肌に優しくできているので、敏感肌の人にも使ってもらいやすくなっているのです。

 

 

勿論毛髪だけでなく地肌にも優しいので、肌に対する刺激も少なくなっています。

 

3ステップの簡単ヘアカラートリートメントで白髪染め

使い方も簡単で、まずは普通にシャンプーを使って髪・頭皮に付いた汚れを取り除きましょう。

 

 

タオルドライをしっかりとしてある程度の水分を取り除いたら、くろめヘアカラーを使います。

 

 

トリートメントは手、もしくはコームを使って髪に塗りましょう。

 

 

手で塗ったからと言って、手がいきなり黒くなる事は有りません。

 

 

その後10分以上放置したら、後は洗い流すだけです。

 

 

よりしっかりと染めたい人は、シャワーキャップを使って放置する様にしましょう。

 

 

ただ髪質によっては思ったように染まらない事も有ります。

 

 

そんな時は塗布している時間を10分から30分に伸ばすようにすると、違いを感じる事が出来るはずです。

 

 

また初めてくろめヘアカラーを使う人は、出来るだけ毎日使うようにしましょう。

 

 

次第に白髪が目立たなくなってきたら1週間に3回程度、そしてもっと目立たなくなってきたら1週間に1回と言う様に使うのが上手な使い方です。

 

 

白髪はただ黒くするだけでは艶がなくなってしまう事も少なくありません。

 

 

くろめヘアカラーは髪をいたわりつつ黒くする事が出来るので、白髪で悩む人に支持されているヘアカラートリートメントです。

 

>>くろめヘアカラートリートメント最安値はコチラ<<